任天会 富貴の森こども園(三重県名張市)/富士見の森こども園(愛知県名古屋市)/日野の森こども園(兵庫県西宮市)/桃の木の森こども園(大阪府阪南市)/蔵持保育園(三重県名張市)

任天会

お電話でのお問い合わせは0595-41-0858
任天会HOME > 職員の声

職員の声

富貴の森は開園して6年目を迎えようしています。
開園当時私は0歳児すみれクラスの担任を任されました。保育経験は何十年とあったものの、この任天会の理念でもある“すべてに対して誠実にねばり強く一生懸命に”と言う「一人ひとりを大切にする」保育に憧れ、理事長先生をはじめ、保育部長に、手とり足とり教えを頂き、無我夢中の必死で毎日が過ぎ去って行きました。 あの時0歳児だった子ども達は、バトンを繋ぎ、それぞれのクラスでの丁寧な関わりの中で愛情いっぱいに育ち、今では5歳児の年長クラスで力を発揮している姿を見ると頼もしくもありとても嬉しい気持ちになります。

二年目を迎えたある日、主任の話が舞い込んで来ました。私に主任なんてとんでもございません・・・首を縦に振ることがなかなか出来なかったのですが、そんな中でも私に自信と勇気を与えてくださった周りの皆様の励ましに重い腰を上げることが出来ました。 それでも最初は「主任」と呼ばれるごとに右から左であったり、ミスをしたり、出来ないことが沢山ありましたが、温かく見守って下さった上司や仲間に支えられ、今日を迎えることが出来ています。 そして、こんな私を主任と慕ってくれるスタッフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。 任天会の園が増え、たくさんのスタッフが任天会の仲間となり、嬉しい思いでいっぱいです。そして何より、幸せな子どもたちがたくさん増えるよう、私たちにできる事を精いっぱい頑張っている毎日です。

最初は大変なこともたくさんありました。「石の上にも三年」ということわざがありますが、まさにその通りであります。三年もたてば居心地もよくなり、視野が広がることで、今まで見えていなかったことが見えてきます。そうすると楽しくもなってきます。どうか仲間を信じて、子どもたちを信じて一緒に頑張りましょう。 パズルのように、それぞれの園の持ち味を活かし、合わさった時に任天会としての一つの絵が完成出来るように支え合っていきたいと思います。 みんなが笑顔になる天から任されたこの任天会を一度ご覧ください。

任天会は初めての就職先で、保育教諭として働くのも初めてでした。
正直なところ保育教諭として働くのに不安がありましたが、面接時にそのことを伝えると、しっかりと私の思いを聞き届けて下さり、たくさんの研修を受けさせていただきました。そして子ども達とは日々の保育の中でたくさんのエピソードがあり、子どもに対して大人がどういった姿を見せるか・・・単なるお兄さんではなく、保育教諭として専門的な援助の仕方は何か・・・そういったことに毎日直面します。実践×研修によって、多くの学びがだんだんと私の力になっていったことを実感しています。

今、保育の世界に求められている事は、「養護」と「教育」が一体となって保育する事です。その子がその子らしく成長することと、人として生きていく力の基礎を培うことは私たち皆の願いです。乳児の時には安心して過ごせる人と場所(環境)があって生活習慣の自立を目指し、幼児では友だちと認め合いながら遊びに花が開いてほしいと思っています。子どもにとっては遊びでも、実はそれが学びにつながっていること・・・それが「養護」と「教育」が一体になることではないでしょうか。
「保育の仕事は日本の未来を育てること」と、自信を持って言えるのは、任天会で働いてきたからです。スタッフ皆が同じ目的のもと、同じ方向を向いて協力しあう、こんなに素敵な環境で仕事ができることに感謝しています。

近所にいる小さな子ども達と遊ぶのが好き、そして絵本をたくさん読んでくれた小学校の先生に憧れて保育教諭になりたいと思うようになりました。 夢を叶えた1年目。たくさんの子ども達に、そして笑顔に囲まれて過ごすことができとても楽しかったことを覚えています。 任天会のこども園では、丁寧に関わることで1人1人違った成長を見守ることができ、たくさんの「できた!」という自信を感じることができました。そして、子どもならではのファンタジーの世界、「これは、何だろう?」に付き合うことで素晴らしい世界を共に体験することができました。そして、素敵なスタッフの方たちにも恵まれ、開園当初から意見を出し合いながら進んできたので私自身もたくさんの学びもありました。 任天会のこども園は、子ども・スタッフ共に自らの可能性を伸ばせるこども園です。

任天会は子どもたちの素直な心や豊かな感性に触れ成長する姿を見守り、手助けが出来る魅力ある仕事の場です。私は子育てをする親で現在3歳と0歳の娘がいます。現在は育児休業中です。親という視点から子育てでの苦労や悩みが理解出来るようになり、それを活かせる仕事であり、職場でもあると感じています。

1人目の出産後、一年間の育児休業をいただき、その後「育児短時間勤務制度」を利用し、職場復帰をしました。仕事と家庭の両立に悩み、不安な気持ちもありましたが理事長先生を始め、周りのスタッフの方々が丁寧に話を聞いてくださり、よきアドバイスをいただき心強く、自分なりに仕事と家庭の良いバランスを少しずつ保てるようになりました。そして、休業前と比べると家庭生活の為に「限られたこの時間の中で精一杯仕事をしよう」とより効率よく仕事が出来るように心がけるようになりました。どんなに良い育児制度があっても職場での理解がなければ仕事を続けていくことは出来ません。フォローしていただける環境があり周りのスタッフの方々が温かく、励ましていただき、応援してくれたからこそ仕事を続けていくことが出来たのだと実感しています。任天会は子育てをしながら安心して働ける職場だと感じています。

任天会各施設のご案内
  • メッセージ
  • 職員向けの研修
  • 職員の採用について
  • ご意見苦情等の解決の流れ
  • 幼保連携型認定こども園 富貴の森こども園
  • 幼保連携型認定こども園 富士見の森こども園
  • 幼保連携型認定こども園 日野の森こども園
  • 幼保連携型認定こども園 桃の木の森こども園
  • 幼保連携型認定こども園 日野ひかりの森こども園
  • 蔵持保育園
  • 日吉の森保育園