任天会 富貴の森こども園(三重県名張市)/富士見の森こども園(愛知県名古屋市)/日野の森こども園(兵庫県西宮市)/桃の木の森こども園(大阪府阪南市)/蔵持保育園(三重県名張市)
任天会HOME > 幼保連携型認定こども園 日野の森こども園 > 教育・保育方針 教育・保育目標

幼保連携型認定こども園 日野の森こども園

教育・保育方針 教育・保育目標

教育・保育方針

お子さまが生まれ、小さな生命をはじめてご自分の腕で抱いたとき、きっと幸福感と感謝の気持ちで胸がいっぱいになられたことと思います。
私たちは、そのかけがえのないお子さま一人ひとりを、あたたかく丁寧に心をこめてお預かりいたします。

幼い子どもたちにとって、もっとも大切なことは、愛情に満たされ身近な人との間に基本的な信頼関係を築くことです。
見守られ、受容され安心感が得られることで、子どもたちは人に対する信頼感を獲得していきます。

そのために当園では、あたたかい人間関係と、一人ひとりのリズムにあわせた生活を大切にしています。
また、良い絵本や発達に適した優れたおもちゃで、遊びを通して子どもたちの人間性を豊かに育みます。

私たちは、大切な乳幼児期に、お子さまが愛情に満たされ安心して過ごせるように一人ひとりの個性や発達に丁寧によりそうことを大切にしています。

教育・保育方針

子どもたちは、やがて成長し自分の足で人生を歩いていく日がやってきます。
そのときに生きる力となるのは、自分で考え行動ができる主体性、好奇心をもって様々なことにチャレンジする意欲、人との良好な関係が築ける社会性などの力です。

これらの力は、あらゆる人格の基礎が築かれる幼児期だからこそ育みたい、人間としてもっとも基本的で大切な力です。建物の基礎や、植物の根も外からは見えませんが、基礎や根がしっかりしていれば風雪に耐える丈夫な建物がたち、大きな実の成る木が育ちます。

子どもたちは、興味のあるもの、おもしろいと思うものに、積極的に関わりながら、様々な力を獲得していきます。
当園では、大人が一方的に教え込むのではなく、子どもたちが遊びのなかから総合的にこれらの力を自然に獲得できるように、豊かな遊びの環境を整えることで、一人ひとりのより良い育ちを保障したいと願っています。

任天会各施設のご案内